髪にダメージを与えず白髪をケアするには

年齢とともに気になってくる白髪ですが、市販の白髪染めを使用して自宅で白髪のケアを行うと、どうしても髪と頭皮への負担が気になってしまいます。

 

市販の白髪染めには毛の内側の組織に色素を浸透させるために染毛剤を使っているので、白髪染めを行うたびに髪や頭皮には少なからずダメージを受けてしまいます。

 

では、ダメージを受けることなく白髪を美しくケアするにはどうすれば良いのでしょうか。

 

白髪を自宅で染める方法には市販の白髪染め以外にもカラーシャンプーやトリートメントなどがあります。

 

これは普通のシャンプーやトリートメントと同じ使用法で、繰り返し使っているうちに自然と髪が染まるというとても手軽なものです。

 

使い方も簡単で手軽な上、髪に優しい成分でできているのでダメージを与える心配もありません。

 

市販の白髪染めは一度使用するとひと月くらい間を開けなければいけませんが、カラーシャンプーは毎日でも使用することができ、繰り返し使うことによって効果を持続させることができます。

 

自然な色が揃っているので、白髪染めとわからないくらいに自然に美しい髪色を楽しむことができます。

 

白髪は気づけばいつの間にか増えていて、キレイにケアをすることが難しいものです。市販の白髪染めは髪や頭皮にダメージを与える恐れがあるので、カラーシャンプーやトリートメントでヘアケアをしながら白髪をケアしましょう。

 

健康的で若々しい自然な髪色を保つことができますよ。

 

髪が細い原因と対策は?

髪が細くなり、ハリやコシがなくなるとぺしゃんこで貧相な印象になってしまいます。ボリュームのある、フワフワした髪が理想的ですよね。
なぜ、髪が細くなってしまうのか。
それは頭皮環境の乱れや睡眠不足などが大きく関わっているんですよ。

 

きちんと自分の髪に合ったシャンプーを使っていますか?
頭皮に汚れや皮脂が詰まっていると、髪に栄養が届きません。だからといって、洗浄力の強いシャンプーを使用すると、頭皮にダメージを与えたり、必要以上に頭皮の油分を奪ってしまいます。
しっかりと泡立てて、丁寧に洗えば十分頭皮を清潔にできますよ。
ぜひ自分の髪に合ったシャンプーの見直しを行ってくださいね。

 

また、シャンプーをする時は爪を立てて洗うことも厳禁です。
頭皮を傷つけてしまいますので、必ず指の腹を使って洗いましょう。
シャンプーの時に、頭皮をマッサージするのも血流を改善するのに効果的です。マッサージの時も、指の腹を使って行ってくださいね。
タオルドライをした後に女性用育毛剤を使用して、シャンプーの時のように頭皮マッサージをするのもおすすめです。

 

ストレスや睡眠不足も髪の毛を細くする原因だと言われています。
ストレスを抱えると、寝付きが悪くなり、質の良い睡眠がとれなくなります。
そこで、夏でも毎日湯船に浸かることをお勧めします。
面倒だと感じる方は、トリートメントやヘアパックの間に湯船に浸かるのはいかがでしょうか?
時間を有効的に使いましょう。
お湯は38℃〜40℃くらいにしてください。血行が良くなり、リラックス効果が得られ、ぐっすりと眠れますよ。

更新履歴